b型肝炎 除斥期間

b型肝炎 除斥期間、除斥期間の起算点について –

B型肝炎給付金請求では,病態によって給付金の区分があるとともに,「除斥期間経過」という区分もあります。民事上,損害の発生から20年が経過すると,請求権が消滅するという規定があり,これを除斥期間というのですが,厚生労働省の手引きによれば「除斥期間を経過した方については,法的請求権が消滅していることを踏まえ,除斥期間を経過していない方と比較して給付金の金額が低く設定されています。」と記載されています。。

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスを原因として発症する肝臓病の一種で、その原因となるB型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染します。そして「B型肝炎訴訟」とは、幼少期の集団予防接種やツベルクリン検査などの際に注射器を使い回したことが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方、注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方(一次感染者)から母子感染した方(二次感染者)、またはその方たちの相続人が、国。

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染した患者2人が、慢性肝炎の再発時から起算した損害賠償を国に求めた訴訟の判決が2日、広島地裁であった。小西洋裁判長(森実将人裁判長代読)は「起算点は最初の発症時と解すべきだ」とし、賠償請求権が20年で消滅する民法の「除斥期間」の経過を認め、原告らの請求を棄却した。原告側は控訴する方針。  小西裁判長は、「慢性肝炎を再発する可能性は絶えず存在し続。

集団予防接種の注射器使い回しによりB型肝炎ウイルスに感染し肝硬変を発症したとして、兵庫県の男性が国に損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。菊地浩明裁判長は、提訴時には発症から22年が経過しており、損害発生から20年以内に提訴しないと賠償請求権が消滅する民法の「除斥期間」を過ぎていたとして、請求を棄却した。原告は1991年に肝硬変の診断を受けた男性(47)。2010年に合併症の肝性脳。

除斥期間とは権利関係を短期間に確定する目的で一定の権利について法律の定めた存続期間です。B型肝炎訴訟では国に国家賠償責任を求めることになりますが、除斥期間については民法の適用があります。民法724条では不法行為の時から20年を経過すると除斥期間で損害賠償請求権が消滅すると定められています。問題は「不法行為の時から」と言っても具体的にいつが除斥期間の起算点となるかです。この点、①無症候性キャリアの方。

「一定の時期から20年が経過すると、権利が消滅する」という、「除斥期間」や「消滅時効」というものがあります。B型肝炎訴訟の場合、除斥期間や消滅時効が経過しても、特別な法律により、減額されたB型肝炎給付金(50万円~900万円 ※病態による)を受け取ることができます。B型肝炎訴訟における除斥期間や消滅時効について、弁護士が解説します。除斥期間・消滅時効とは、「一定の期間を経過すると法的な請求権が消滅。

2017(平成29)年12月11日 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団1 本日、福岡地方裁判所第2民事部(片山昭人裁判長)は、集団予防接種の際の注射器の回し打ちによって、B型肝炎に感染させられた被害者のうち、慢性肝炎が再発した原告2名に対し、被告国が慢性肝炎の最初の発症時点を起算点として除斥(民法724条後段)を適用すべきであるなどとして争っていた事案について判決を言い渡した。2 判決は、以下の通り、。

 集団予防接種等の際の注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方は、40万人以上(最大)いるものと推計されています。宮崎県においても感染された方が多数いらっしゃる状況です。  集団予防接種等の際の注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方(持続感染者)の救済のため、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行され、国との間で和解等が成立した場合に、同。

Eさん(61歳・男性)は、肝がんを発症し3回再発しながらも日々の生活を過ごされている中で、B型肝炎ウィルス訴訟について詳細を知り、遠方でも受けてくれる弁護士を探されていました。Eさんはご自身の状態で和解できるのか疑問に感じ、今後の手続きや弁護士費用についてサリュにお問い合わせくださいました。Eさんは、サリュからの今後の方針や可能性やリスクの説明に納得され、ご依頼されました。サリュでは、Eさんが肝が。

現行のB型肝炎特別措置法では、給付金の請求期限は、平成29年1月12日までとされていますが、現在国会でB型肝炎特別措置法の改正が審議されており、請求期限は平成34年1月12日まで5年間延長される予定になっています。 仮に、この法律の改正がなされなかったとしても、私たち弁護団は国との基本合意を締結した弁護団ですので、請求期限にかかわりなく、国に賠償請求ができます。期限を心配しないで当弁護団にご依頼。

除斥期間の起算点について –

B型肝炎給付金請求では,病態によって給付金の区分があるとともに,「除斥期間経過」という区分もあります。民事上,損害の発生から20年が経過すると,請求権が消滅するという規定があり,これを除斥期間というのですが,厚生労働省の手引きによれば「除斥期間を経過した方については,法的請求権が消滅していることを踏まえ,除斥期間を経過していない方と比較して給付金の金額が低く設定されています。」と記載されています。ところで,よくお問い合わせがあるのは,20年以上前になにかのきっかけで検査をした際にB型肝炎のキャリアであることを指摘されたけど,肝機能の数値が悪くなったのはその数年後でまだ20年たっていないという場合,慢性肝炎として1250万円の対象となるのか,それとも除斥期間の扱いとなるのか,いつから起算するんですか?というご質問です。答えは,肝機能の数値が悪くなった時点から起算します。そもそもキャリアになっ……

B型肝炎訴訟について知っておきたい4つのこと

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスを原因として発症する肝臓病の一種で、その原因となるB型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染します。そして「B型肝炎訴訟」とは、幼少期の集団予防接種やツベルクリン検査などの際に注射器を使い回したことが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方、注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方(一次感染者)から母子感染した方(二次感染者)、またはその方たちの相続人が、国に対して損害賠償を請求する訴訟です。つまり、特措法に基づくB型肝炎訴訟における給付金も、損害賠償と同じ性質のものです。詳細は後述しますが、すでに過去に行われてきたB型肝炎訴訟において、国の過失を認める内容の判決が出ており、その後、国と原告団との間で締結した和解に関する「基本合意書」をふまえた法律が作られました。これが「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」です。この法律に基づ……

除斥期間の起算点は発症時=B型肝炎訴訟、患者敗訴―広島地裁 防災・危機管理ニュース リスク対策.com

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染した患者2人が、慢性肝炎の再発時から起算した損害賠償を国に求めた訴訟の判決が2日、広島地裁であった。小西洋裁判長(森実将人裁判長代読)は「起算点は最初の発症時と解すべきだ」とし、賠償請求権が20年で消滅する民法の「除斥期間」の経過を認め、原告らの請求を棄却した。原告側は控訴する方針。  小西裁判長は、「慢性肝炎を再発する可能性は絶えず存在し続ける」としつつ、「再発後の慢性肝炎の発症によって、最初の慢性肝炎の発症による損害とは別個の損害が発生したと解することはできない」と結論付けた。 (ニュース提供元:時事通信社)防災の根本問題は、避難所需要に対して資源が圧倒的に少ないこと東日本大震災からこの10年間、日本は大規模自然災害に次々に襲われた。被災者が入る避難所も、さまざまな経験を経て10年前に比べればかなりの改善が見られる。 東京大学生……

B型肝炎の賠償請求棄却 「除斥期間経過」、大阪地裁:

集団予防接種の注射器使い回しによりB型肝炎ウイルスに感染し肝硬変を発症したとして、兵庫県の男性が国に損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。菊地浩明裁判長は、提訴時には発症から22年が経過しており、損害発生から20年以内に提訴しないと賠償請求権が消滅する民法の「除斥期間」を過ぎていたとして、請求を棄却した。原告は1991年に肝硬変の診断を受けた男性(47)。2010年に合併症の肝性脳症を発症して脾臓(ひぞう)摘出術を受け、13年に提訴した。男性は、症状が悪化した10年時点を除斥期間の起算点と主張していた。菊地裁判長は判決理由で、男性が10年に合併症を発症したことをもって死亡率が高まったとまでは認められず、手術を受けたことで、肝硬変の症状と肝機能が改善したと指摘。「質的に異なる新たな損害が発生したとはいえない」として、除斥期間の起算点は発症した91年と結論づけた。B型肝炎を巡る……

除斥期間とは何ですか?B型肝炎訴訟ではなぜ除斥期間が20年とされているのですか?

除斥期間とは権利関係を短期間に確定する目的で一定の権利について法律の定めた存続期間です。B型肝炎訴訟では国に国家賠償責任を求めることになりますが、除斥期間については民法の適用があります。民法724条では不法行為の時から20年を経過すると除斥期間で損害賠償請求権が消滅すると定められています。問題は「不法行為の時から」と言っても具体的にいつが除斥期間の起算点となるかです。この点、①無症候性キャリアの方は集団予防接種等を受けた日が起算点になります。また、慢性肝炎などを発症した方はその症状が発症した日が起算点になります。……

B型肝炎訴訟における除斥期間や消滅時効とは?除斥期間や消滅時効経過後ももらえる給付金を確認

「一定の時期から20年が経過すると、権利が消滅する」という、「除斥期間」や「消滅時効」というものがあります。B型肝炎訴訟の場合、除斥期間や消滅時効が経過しても、特別な法律により、減額されたB型肝炎給付金(50万円~900万円 ※病態による)を受け取ることができます。B型肝炎訴訟における除斥期間や消滅時効について、弁護士が解説します。除斥期間・消滅時効とは、「一定の期間を経過すると法的な請求権が消滅する」というものです。除斥期間と消滅時効は似た制度ですが、主な違いの一つに、権利消滅までのカウントダウンを止めることができるかどうかという点があります。すなわち、除斥期間は、権利の消滅までのカウントダウンを止めることができません。しかし、消滅時効は、相手の承認などによって、権利の消滅までのカウントダウンをリセットすることが可能になります。このような違いはあるものの、除斥期間・消滅時効ともに、「権利……

12月11日 福岡地方裁判所での除斥期間の起算点に関する勝訴判決について、全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団の声明文を掲載します。

2017(平成29)年12月11日 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団1 本日、福岡地方裁判所第2民事部(片山昭人裁判長)は、集団予防接種の際の注射器の回し打ちによって、B型肝炎に感染させられた被害者のうち、慢性肝炎が再発した原告2名に対し、被告国が慢性肝炎の最初の発症時点を起算点として除斥(民法724条後段)を適用すべきであるなどとして争っていた事案について判決を言い渡した。2 判決は、以下の通り、被告国の除斥適用の主張を退けた上で、原告らの請求全部を認容した。 判決は、 「最初の慢性肝炎発症時において、その後のHBe抗原陰性慢性肝炎の発症による損害をも請求することは客観的に不可能であったというべきである。したがって、原告らは、HBe抗原陰性慢性肝炎の発症時に、HBe抗原陽性慢性肝炎による損害とは質的に異なる新たな損害を被ったものというべきであり、上記発症時に、HBe抗原陰性慢性肝炎の発症に……

B型肝炎 宮崎の弁護士

 集団予防接種等の際の注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方は、40万人以上(最大)いるものと推計されています。宮崎県においても感染された方が多数いらっしゃる状況です。  集団予防接種等の際の注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方(持続感染者)の救済のため、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行され、国との間で和解等が成立した場合に、同法に基づく給付金等が支給されることになりました。 これにより、7歳になるまでの集団予防接種等の際の注射器の使いまわしにより、B型肝炎ウイルスに感染した方及びその方から母子感染した方に対して(相続人も含む)、以下のように病態に応じ50万~3600万円の給付金等の支払いがなされることになります。※特定無症候性持続感染者に対しては、慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費、母子感染防止のための医療費、……

20年の除斥期間が間近に迫った直前でもB型肝炎給付金が受給できた事例

Eさん(61歳・男性)は、肝がんを発症し3回再発しながらも日々の生活を過ごされている中で、B型肝炎ウィルス訴訟について詳細を知り、遠方でも受けてくれる弁護士を探されていました。Eさんはご自身の状態で和解できるのか疑問に感じ、今後の手続きや弁護士費用についてサリュにお問い合わせくださいました。Eさんは、サリュからの今後の方針や可能性やリスクの説明に納得され、ご依頼されました。サリュでは、Eさんが肝がんを発症されてから20年の除斥期間が間近に迫っている事態に備え、ご依頼を受けて3週間で提訴を行いました。Eさん自身も緊急性をご理解くださり、早急に書類収集等に協力してくださいました。提訴後、順に証拠収集を行い、医療記録の確認を行ったうえ改めて当初予測した以外のリスクがないことが確認できました。その間、随時、Eさんに状況をお伝えし証拠収集にご協力いただき、収集した証拠を整えて提出しつつ訴訟は進んでい……

当弁護団は請求期限にかかわらず提訴できます。

現行のB型肝炎特別措置法では、給付金の請求期限は、平成29年1月12日までとされていますが、現在国会でB型肝炎特別措置法の改正が審議されており、請求期限は平成34年1月12日まで5年間延長される予定になっています。 仮に、この法律の改正がなされなかったとしても、私たち弁護団は国との基本合意を締結した弁護団ですので、請求期限にかかわりなく、国に賠償請求ができます。期限を心配しないで当弁護団にご依頼ください。基本合意(その1)では未解決だった死亡又は肝がん、肝硬変(軽度)の発症から20年が経過してしまった場合の給付金について合意しました。 平成23年6月28日の基本合意に続き、平成27年3月27日、全国B型肝炎訴訟国弁護団と原告団は、国との間で「基本合意その2」を交わしました。※多中心性の肝がん(=肝内転移ではない肝がん)を再発した原告については再発時が起算点になります。この場合は再発時から……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ