b型肝炎 増殖機構

b型肝炎 増殖機構、B型肝炎ウイルスのゲノム組み込みとがん化の関連を解明

2018年5月23日 理化学研究所広島大学 -B型肝炎や肝臓がんの新しい予防法・治療薬の開発に期待-HBVは肝臓がんの主要な原因であり、世界中で年間約88万人がHBVに起因する疾患で死亡していると推定されています注1)。HBVの感染に伴い、肝細胞のヒトゲノムにHBVゲノムの組み込み[1]が起こり、それが肝臓がん発生に寄与すると考えられています。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 国立研究開発法人日本医療研究開発機構国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)生物プロセス研究部門【研究部門長 田村 具博】応用分子微生物学研究グループ 安武 義晃 主任研究員らは、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター【理事長 國土 典宏】(以下「NCGM」という)研究所 満屋 裕明 研究所長(NCGM 理事・熊。

東京大学 日本医療研究開発機構關場 一磨(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 博士課程3年生) 大塚 基之(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 講師) 小池 和彦(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 教授)B型肝炎は、全世界で。

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によっておこる肝臓の病気で、大まかに分けると、成人になって感染する急性B型肝炎(慢性化する場合もある)と母子感染等による患者が多い慢性B型肝炎に分かれる。慢性B型肝炎が進行すると肝硬変や肝がんになりやすくなり、治療としてウイルスを攻撃する抗ウイルス療法や肝臓を保護する肝庇護療法などが用いられる。HBVは増殖するために肝臓の細胞を乗っ取り自身を複製するための。

掛谷秀昭 薬学研究科 教授、古谷裕 理化学研究所 上級研究員、小嶋聡一 同ユニットリーダーらの研究グループは、経口投与が可能でインターフェロン様活性を持つ低分子化合物CDM-3008(RO4948191)が、B型肝炎ウイルス(HBV)のcccDNA(完全閉塞本鎖)抑制効果などにより抗B型肝炎ウイルス活性を示すことを明らかにしました。 インターフェロン製剤は、H。

肝臓の障害の程度が軽度の場合には、経過観察することも考慮されますが、炎症が強い場合には若い人にはウイルス排除を試みる方針です。35歳以上では、ウイルス排除よりもウイルス合成抑制を優先して炎症を鎮めることに努めます。B型肝炎は、HBe抗原が陽性でHBe抗体が陰性であると、ウイルスが増殖し肝炎が増悪し持続する傾向があり、その結果肝機能が悪化しやすい状態に位置します。一方、HBe抗原陰性、HBe抗体陽性。

B型肝炎ウイルスのゲノム組み込みとがん化の関連を解明

2018年5月23日 理化学研究所広島大学 -B型肝炎や肝臓がんの新しい予防法・治療薬の開発に期待-HBVは肝臓がんの主要な原因であり、世界中で年間約88万人がHBVに起因する疾患で死亡していると推定されています注1)。HBVの感染に伴い、肝細胞のヒトゲノムにHBVゲノムの組み込み[1]が起こり、それが肝臓がん発生に寄与すると考えられています。今回、共同研究グループは、HBV感染者の肝臓がんと隣接する肝臓組織、およびHBV感染マウスモデル[2]から抽出したDNAについて、1,600カ所以上の組み込み部位を検出し詳しく解析しました。その結果HBVゲノムが、マウスモデルでは感染早期の3~7週間で主にミトコンドリアゲノム[3]に、ヒトの肝臓がんや隣接肝臓組織では1サンプルあたり1~279箇所も組み込まれていることが分かりました。ゲノム組み込……

エイズウイルスの力を借りてB型肝炎治療薬の作用機構と薬剤耐性の仕組みを解明-エイズウイルスの逆転写酵素をB型肝炎ウイルスの逆転写酵素に似せて改変-

国立研究開発法人産業技術総合研究所 国立研究開発法人日本医療研究開発機構国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)生物プロセス研究部門【研究部門長 田村 具博】応用分子微生物学研究グループ 安武 義晃 主任研究員らは、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター【理事長 國土 典宏】(以下「NCGM」という)研究所 満屋 裕明 研究所長(NCGM 理事・熊本大学医学部附属病院 総合臨床研究部 特別招聘教授 兼務)、同研究所 難治性ウイルス感染症研究部 レトロウイルス感染症研究室 前田 賢次 室長らと共同で、現在B型肝炎治療に広く用いられている核酸アナログ※1製剤エンテカビル※2の作用機構と、薬剤耐性※3が生じる仕組みを明らかにした。核酸アナログ製剤のB型肝炎治療薬は、B型肝炎ウイルス(HBV)※4が持つ逆転写酵素※5に結合し、その働きをブロックする……

新規作用機序に基づくB型肝炎ウイルス治療薬候補を同定

東京大学 日本医療研究開発機構關場 一磨(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 博士課程3年生) 大塚 基之(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 講師) 小池 和彦(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 教授)B型肝炎は、全世界で2億5千万人以上が罹患し毎年約90万人が死亡しているとされており、その克服は世界的な重要課題とされています。B型肝炎の長期予後改善のための治療目標はウイルスタンパクであるHBs抗原の陰性化(Functional cure)ですが、既存のB型肝炎治療薬では達成困難であり、新規治療法の登場が強く望まれています。そうした中、ウイルスタンパクHBxと宿主タンパクDDB1との結合を端緒とするウイルス複製の制……

B型肝炎ウイルス治療薬(内服薬)の解説

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によっておこる肝臓の病気で、大まかに分けると、成人になって感染する急性B型肝炎(慢性化する場合もある)と母子感染等による患者が多い慢性B型肝炎に分かれる。慢性B型肝炎が進行すると肝硬変や肝がんになりやすくなり、治療としてウイルスを攻撃する抗ウイルス療法や肝臓を保護する肝庇護療法などが用いられる。HBVは増殖するために肝臓の細胞を乗っ取り自身を複製するための遺伝情報を含むDNAというものを合成し、ウイルスの複製・増殖が行われる。新たなDNAを作るためにはDNAポリメラーゼという酵素が必要となる。本剤はHBVの複製に必要なDNAポリメラーゼを阻害し、HBVの増殖を抑える抗ウイルス作用をあらわす。なお、遺伝情報をもつDNAやRNAのことを核酸といい、本剤は核酸の構成成分に類似した構造などを有することから「アナログ=類似の」という意味をもつ言葉を用いて核酸……

B型肝炎ウイルス抑制物質の作用機序解明 -新規抗B型肝炎治療薬の開発へ期待-

掛谷秀昭 薬学研究科 教授、古谷裕 理化学研究所 上級研究員、小嶋聡一 同ユニットリーダーらの研究グループは、経口投与が可能でインターフェロン様活性を持つ低分子化合物CDM-3008(RO4948191)が、B型肝炎ウイルス(HBV)のcccDNA(完全閉塞本鎖)抑制効果などにより抗B型肝炎ウイルス活性を示すことを明らかにしました。 インターフェロン製剤は、HBVの鋳型となるcccDNAを分解できるため、B型肝炎の完治に向けて欠かせない注射剤です。しかし、発熱・倦怠などの副作用を伴うなどの問題があります。 本研究では、CDM(cccDNA modulator)-3008の抗HBV活性を解析しました。まず初代培養ヒト肝細胞を用いて、CDM-3008が抗HBV活性を有すること、HBVの複製を阻害する核酸アナログ製剤と相加的に抗HBV効果を示すことを明……

B型慢性肝炎の治療 慢性肝炎の治療 医療法人すこやか会

肝臓の障害の程度が軽度の場合には、経過観察することも考慮されますが、炎症が強い場合には若い人にはウイルス排除を試みる方針です。35歳以上では、ウイルス排除よりもウイルス合成抑制を優先して炎症を鎮めることに努めます。B型肝炎は、HBe抗原が陽性でHBe抗体が陰性であると、ウイルスが増殖し肝炎が増悪し持続する傾向があり、その結果肝機能が悪化しやすい状態に位置します。一方、HBe抗原陰性、HBe抗体陽性になるとウイルスの増殖が弱まり肝炎は鎮静化し、肝機能も安定化します。以前はB型慢性肝炎ではこの状態(HBe抗原が消えてHBe抗体に変わること・セロコンバージョン)が治療の第一の目標でした。今では、核酸アナログ投与によりHBVの合成を抑制して、HBVを著減ないしは消失させ、肝炎を鎮静化させることで肝線維化の進行を抑制し、最終的には肝硬変、肝がんへの進行抑制をめざします。現時点ではB型慢性肝炎、肝硬変……

平均ユーザー評価

4.7 / 5

カテゴリ