造血幹細胞移植 b型肝炎

造血幹細胞移植 b型肝炎、HBV既往感染歴を有する同種造血細胞移植レシピエントに対する、HBワクチンによるHBV再活性化予防法のランダム化検証的試験 (PREVENT HBV)

B型肝炎ウイルス(HBV)はHBs抗体獲得後も肝臓に終生潜伏感染しているウイルスであり、HBs抗原陰性の既往感染例においても、CD20抗体であるリツキシマブ投与や同種造血細胞移植後に10%から最大40%の頻度で再活性化をきたし、一部の方は劇症化し、死亡する場合も報告されている。肝炎に先行する、血中HBV DNAの上昇を検出(HBV DNAモニタリング)し、HBV再活性化を早期診断・早期治療すること。

造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方に対して、感染症発生及びまん延防止のため、再接種費用の助成をします。(助成申請の受付は令和2年5月1日~)Hib(ヒブ)感染症ヒトパピローマ感染症(子宮頸がん予防ワクチン)移植前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める予防。

国で定められた定期予防接種を受け、抗体を獲得した後に、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)により、定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断された方に対して、再接種費用の助成をします。 【助成対象者】次の1から3すべて該当する方が対象となります。1.認定申請日、再接種を受ける日において上郡町内に住所を有し、予防接種を受ける日において20歳未満であること。2.造。

Copyright© Nagoya City University Hospital, All Rights Reserved.。

更新履歴 / update history information基本情報 / basic information試験名 / title for the study試験に用いる薬剤等 / investigational material試験の概要 / brief summaryIRB等に関する事項 / information about IRB(s)試験実施組織 / organizations資金。

サルでもわかる経口抗菌薬の話逆にこれだけ知っていれば経口抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな8種類の経口抗菌薬についてサルでもわかるようにまとめてみました。 【更新履歴】 (11/20) * 薬剤のスペルミスを修正しました。 - cefalexin -> cephalexin * セファレキシンの用法と記載方法を一部修正しました。 - セファレキシンカプセル 500mg 1日[4]回(朝昼夕眠前)。

 造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植及び臍帯血移植をいう。)により、移植前に接種した予防接種法に基づく定期の予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方が、令和2年4月1日以降、任意で再度の定期予防接種を受ける場合、費用について助成します。次に掲げる要件を全て満たした方です。⑴ 再度の対象予防接種を受ける日において岩沼市に住所を有する20歳未満の方⑵ 造血幹細胞移植によって、移植前。

更新日:2019年9月2日ページ番号:91821449造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血管細胞移植、さい帯血移植)を行ったことにより、接種済の予防接種法に基づく定期の予防接種により得られていた免疫が低下若しくは消失し、再接種が必要と医師が認める方を対象に、再接種費用の一部助成を行います。移植前に接種した定期の予防接種のワクチンの免疫が低下または消失したため、再接種が必要と医師が認めるものに限る医療機。

HBV既往感染歴を有する同種造血細胞移植レシピエントに対する、HBワクチンによるHBV再活性化予防法のランダム化検証的試験 (PREVENT HBV)

B型肝炎ウイルス(HBV)はHBs抗体獲得後も肝臓に終生潜伏感染しているウイルスであり、HBs抗原陰性の既往感染例においても、CD20抗体であるリツキシマブ投与や同種造血細胞移植後に10%から最大40%の頻度で再活性化をきたし、一部の方は劇症化し、死亡する場合も報告されている。肝炎に先行する、血中HBV DNAの上昇を検出(HBV DNAモニタリング)し、HBV再活性化を早期診断・早期治療することで再活性化による肝障害対策は確立されつつある。しかしながら、HBV DNAモニタリングでは、HBV再活性化そのものを低下させることはできず、同種移植後のHBワクチン接種によるHBV再活性化予防法の確立を目指すための臨床研究を計画した。同種移植後HBワクチンにてHBV再活性化を予防できることが示唆されているが、ワクチン投与の至適タイミングや前向き試験での予防効果は明らかにされていない。本臨床研究では……

造血幹細胞移植により接種済みの定期予防接種の免疫が失われた方へ

造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方に対して、感染症発生及びまん延防止のため、再接種費用の助成をします。(助成申請の受付は令和2年5月1日~)Hib(ヒブ)感染症ヒトパピローマ感染症(子宮頸がん予防ワクチン)移植前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める予防接種であること予防接種を受ける前に健康推進課へお申出ください。 「木更津市造血幹細胞移植後の任意予防接種費用助成対象認定申請書」を記入いただき、母子手帳でこれまで受けた予防接種の履歴を確認いたします※ 事前に申し出のない接種は、助成の対象にはなりません。かかりつけの医師に「木更津市造血幹細胞移植後の任意予防接種費用助成対象認定に係る意見書」を記入していただき、健康推進課へ提出してください。確認後、……

造血幹細胞移植により接種済みの定期予防接種の免疫が失われた方へ 手続き・申請・業務

国で定められた定期予防接種を受け、抗体を獲得した後に、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)により、定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断された方に対して、再接種費用の助成をします。 【助成対象者】次の1から3すべて該当する方が対象となります。1.認定申請日、再接種を受ける日において上郡町内に住所を有し、予防接種を受ける日において20歳未満であること。2.造血幹細胞移植によって移植前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める方3.定期予防接種が、予防接種実施規則に定める予防接種の接種回数及び接種間隔の規定に違反してなされたものでないこと。【助成の対象となる予防接種】次のいずれにも該当する予防接種が対象となります。1.定期予防接種で定められた疾病のうち結核を除いた疾患の予防接種であること。(B型肝炎、ヒブ感……

血液・腫瘍内科 診療科・中央部門紹介

Copyright© Nagoya City University Hospital, All Rights Reserved.……

臨床試験情報詳細画面 一般財団法人日本医薬情報センター

更新履歴 / update history information基本情報 / basic information試験名 / title for the study試験に用いる薬剤等 / investigational material試験の概要 / brief summaryIRB等に関する事項 / information about IRB(s)試験実施組織 / organizations資金提供組織 / monetary sponsor問合せ先 / contact information試験結果の概要 / result summary……

造血幹細胞移植後ワクチン Antaa

サルでもわかる経口抗菌薬の話逆にこれだけ知っていれば経口抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな8種類の経口抗菌薬についてサルでもわかるようにまとめてみました。 【更新履歴】 (11/20) * 薬剤のスペルミスを修正しました。 - cefalexin -> cephalexin * セファレキシンの用法と記載方法を一部修正しました。 - セファレキシンカプセル 500mg 1日[4]回(朝昼夕眠前) - セファレキシン顆粒 2g[(力価1g)] 1日2回(朝夕) ※ 症例提示内の記載もこれに則って変更しています (21/1/28) * 2020年版から2021年版に表記を改めました。 - (内容がほぼ変わっていないことは秘密です) * レボフロキサシンの頁の一部内容を修正しました。 - 肝・腎排泄と記載していましたがレボフロキサシンは純粋に腎排泄でした。 その他のキノロンは肝・腎排泄……

造血幹細胞移植後ワクチン再接種費用の助成について(お知らせ)

 造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植及び臍帯血移植をいう。)により、移植前に接種した予防接種法に基づく定期の予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方が、令和2年4月1日以降、任意で再度の定期予防接種を受ける場合、費用について助成します。次に掲げる要件を全て満たした方です。⑴ 再度の対象予防接種を受ける日において岩沼市に住所を有する20歳未満の方⑵ 造血幹細胞移植によって、移植前に接種した対象予防接種ワクチンの免疫が低下又は消失したため、再接種が必要と医師が認める方⑶ 令和2年4月1日以後の再接種であること助成金の額は、表に定める金額を上限とし、申請者が当該対象予防接種の費用として医療機関に支払った金額とします。②市が認定申請書の内容を審査して、申請者へ認定(若しくは不認定)通知③認定を受けた申請者(助成認定者)が医療機関で対象予防接種を再接種(全額自己負担)(医療機関発……

骨髄移植後等(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)の予防接種の再接種に対する助成事業について

更新日:2019年9月2日ページ番号:91821449造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血管細胞移植、さい帯血移植)を行ったことにより、接種済の予防接種法に基づく定期の予防接種により得られていた免疫が低下若しくは消失し、再接種が必要と医師が認める方を対象に、再接種費用の一部助成を行います。移植前に接種した定期の予防接種のワクチンの免疫が低下または消失したため、再接種が必要と医師が認めるものに限る医療機関に支払った予防接種費用の100分の10に相当する額を控除した額(生活保護受給世帯の場合は、医療機関に支払った予防接種費用の全額)原則として、接種前に保健予防課にお問い合わせください。申請書類等一式を送付します。西宮市江上町3-26 保健所 2階……

平均ユーザー評価

4.4 / 5

カテゴリ