b型肝炎 ポリメラーゼ

b型肝炎 ポリメラーゼ、B型肝炎ウイルス治療薬(内服薬)の解説

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によっておこる肝臓の病気で、大まかに分けると、成人になって感染する急性B型肝炎(慢性化する場合もある)と母子感染等による患者が多い慢性B型肝炎に分かれる。慢性B型肝炎が進行すると肝硬変や肝がんになりやすくなり、治療としてウイルスを攻撃する抗ウイルス療法や肝臓を保護する肝庇護療法などが用いられる。HBVは増殖するために肝臓の細胞を乗っ取り自身を複製するための。

東京大学 日本医療研究開発機構關場 一磨(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 医学博士課程3年生) 大塚 基之(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 講師) 小池 和彦(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 教授)B型肝炎ウイルス。

金沢大学 日本医療研究開発機構金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師、国立感染症研究所の脇田隆字所長、村松正道部長(2017年9月30日まで金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学教授)、渡士幸一主任研究官、長崎大学大学院頭頸部放射線学分野の中村卓教授らの共同研究グループは、ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須。

本剤を含むB型肝炎に対する治療を終了した患者で,肝炎の急性増悪が報告されている。そのため,B型肝炎に対する治療を終了する場合には,投与終了後少なくとも数ヵ月間は患者の臨床症状と臨床検査値の観察を十分に行うこと。経過に応じて,B型肝炎に対する再治療が必要となることもある。次の患者には投与しないこと本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者本剤投与開始に先立ち,HBV DNA,HBV DNAポリメラーゼ。

2018年5月23日 理化学研究所広島大学 -B型肝炎や肝臓がんの新しい予防法・治療薬の開発に期待-HBVは肝臓がんの主要な原因であり、世界中で年間約88万人がHBVに起因する疾患で死亡していると推定されています注1)。HBVの感染に伴い、肝細胞のヒトゲノムにHBVゲノムの組み込み[1]が起こり、それが肝臓がん発生に寄与すると考えられています。

HBV is an enveloped DNA virus that replicates its DNA genome via reverse transcription of a pregenomic (pg) RNA intermediate in hepatocytes. Interestingly, HBV RNA can be detected in virus-like partic。

<発表雑誌>掲載誌:Science掲載日:2001年7月6日表 題:Stimulation of RNA polymerase II elongation by hepatitis delta antigen著 者:Yuki Yamaguchi, Julia Filipovska, Keiichi Yano, Akiko Furuya, Naoto Inukai, Takashi Narita, 。

他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので,検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。指定の採取量を下図の容器に採取後,4 ~ 5回静かに転倒混和し,室温にて30 ~ 60分放置してください。凝固完了を確認後,遠心分離しそのまま凍結してご提出ください。他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がよ。

新型コロナ感染症が猛威を振るい、ニュースの大半を占めていますが、 その中でよく“PCR検査”の話題が出てきます・・・・        「PCR(polymarase chain reaction)」とは!? 日本語で「ポリメラーゼ連鎖反応」・・・といっても何か分かりにくいですが、 ごく少量のDNA(遺伝子)を大量に複製する(増やす)手法のことです。 ウイルスの存在を診断するときに、 ウイルスのご。

特にHBVの感染受容体の分離・同定とそれによる培養細胞レベル、個体レベルでの感染系の樹立を目指します。HBV感染受容体については、2012年にNTCP(sodium taurocholate cotransporting polypeptide)が候補因子として、報告されましたが、十分な感染性は得られていません。協調して作用する因子が存在するものと想定し、その分子の分離・同定に挑んでいます。NTC。

B型肝炎ウイルス治療薬(内服薬)の解説

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によっておこる肝臓の病気で、大まかに分けると、成人になって感染する急性B型肝炎(慢性化する場合もある)と母子感染等による患者が多い慢性B型肝炎に分かれる。慢性B型肝炎が進行すると肝硬変や肝がんになりやすくなり、治療としてウイルスを攻撃する抗ウイルス療法や肝臓を保護する肝庇護療法などが用いられる。HBVは増殖するために肝臓の細胞を乗っ取り自身を複製するための遺伝情報を含むDNAというものを合成し、ウイルスの複製・増殖が行われる。新たなDNAを作るためにはDNAポリメラーゼという酵素が必要となる。本剤はHBVの複製に必要なDNAポリメラーゼを阻害し、HBVの増殖を抑える抗ウイルス作用をあらわす。なお、遺伝情報をもつDNAやRNAのことを核酸といい、本剤は核酸の構成成分に類似した構造などを有することから「アナログ=類似の」という意味をもつ言葉を用いて核酸……

B型肝炎ウイルスの治療薬候補「ペボネジスタット」を新たに同定

東京大学 日本医療研究開発機構關場 一磨(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 医学博士課程3年生) 大塚 基之(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 講師) 小池 和彦(東京大学医学部附属病院 消化器内科/東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 消化器内科学 教授)B型肝炎ウイルス感染者は世界中で20億人、そのうち持続感染者は2.57億人、さらに年間90万人がB型肝炎ウイルス関連疾患で死亡しています。B型肝炎の克服は日本国内のみならず世界的な重要課題です。B型肝炎の長期予後改善のために、ウイルスタンパクであるHBs抗原の陰性化「Functional cure」が治療目標として掲げられていますが、既存のB型肝炎治療薬では達成困難であり、新薬の登場が切望されています。そうした中……

B型肝炎ウイルス複製の鋳型となるDNAの形成に関わる酵素を発見

金沢大学 日本医療研究開発機構金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師、国立感染症研究所の脇田隆字所長、村松正道部長(2017年9月30日まで金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学教授)、渡士幸一主任研究官、長崎大学大学院頭頸部放射線学分野の中村卓教授らの共同研究グループは、ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須であるウイルスDNA(cccDNA(※3))の形成に関わることを世界で初めて明らかにしました。B型肝炎ウイルスのcccDNAは持続感染者(※4)からの排除が困難とされているだけでなく、その形成・維持の仕組みはほとんど分かっていませんでした。ヒトの肝細胞でcccDNA形成に関与している酵素を発見した本研究は、将来の抗ウイルス薬開発につながる新たな知見として期待されます。本研究成果は、2018年6月2……

医療用医薬品 : バラクルード

本剤を含むB型肝炎に対する治療を終了した患者で,肝炎の急性増悪が報告されている。そのため,B型肝炎に対する治療を終了する場合には,投与終了後少なくとも数ヵ月間は患者の臨床症状と臨床検査値の観察を十分に行うこと。経過に応じて,B型肝炎に対する再治療が必要となることもある。次の患者には投与しないこと本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者本剤投与開始に先立ち,HBV DNA,HBV DNAポリメラーゼあるいはHBe抗原により,ウイルスの増殖を確認すること。本剤は,空腹時(食後2時間以降かつ次の食事の2時間以上前)に経口投与する。通常,成人にはエンテカビルとして0.5mgを1日1回経口投与する。なお,ラミブジン不応(ラミブジン投与中にB型肝炎ウイルス血症が認められる又はラミブジン耐性変異ウイルスを有するなど)患者には,エンテカビルとして1mgを1日1回経口投与することが推奨される。本剤は,投与中……

B型肝炎ウイルスのゲノム組み込みとがん化の関連を解明

2018年5月23日 理化学研究所広島大学 -B型肝炎や肝臓がんの新しい予防法・治療薬の開発に期待-HBVは肝臓がんの主要な原因であり、世界中で年間約88万人がHBVに起因する疾患で死亡していると推定されています注1)。HBVの感染に伴い、肝細胞のヒトゲノムにHBVゲノムの組み込み[1]が起こり、それが肝臓がん発生に寄与すると考えられています。今回、共同研究グループは、HBV感染者の肝臓がんと隣接する肝臓組織、およびHBV感染マウスモデル[2]から抽出したDNAについて、1,600カ所以上の組み込み部位を検出し詳しく解析しました。その結果HBVゲノムが、マウスモデルでは感染早期の3~7週間で主にミトコンドリアゲノム[3]に、ヒトの肝臓がんや隣接肝臓組織では1サンプルあたり1~279箇所も組み込まれていることが分かりました。ゲノム組み込……

Biogenesis and molecular characteristics of serum hepatitis B virus

HBV is an enveloped DNA virus that replicates its DNA genome via reverse transcription of a pregenomic (pg) RNA intermediate in hepatocytes. Interestingly, HBV RNA can be detected in virus-like particles in chronic hepatitis B (CHB) patient serum and has been utilized as a biomarker for intrahepatic cccDNA activity in treated patients. However, the biogenesis and molecular characteristics of serum……

生命理工学院 山口研究室 Press Releases

<発表雑誌>掲載誌:Science掲載日:2001年7月6日表 題:Stimulation of RNA polymerase II elongation by hepatitis delta antigen著 者:Yuki Yamaguchi, Julia Filipovska, Keiichi Yano, Akiko Furuya, Naoto Inukai, Takashi Narita, Tadashi Wada, Seiji Sugimoto, Maria M. Konarska, and Hiroshi Handa<背景>現在、肝臓病は結核に次ぐ国民病と言われている。肝臓病の多くは肝炎ウイルスによって引き起こされ、わが国ではC型肝炎ウイルス (HCV) とB型肝炎ウイルス (HBV) が大きな問題となっている (それぞれ全体の7割と2割程度を占める)。さらに、HBVと共に感染し……

HBV DNA定量(IU)

他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので,検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。指定の採取量を下図の容器に採取後,4 ~ 5回静かに転倒混和し,室温にて30 ~ 60分放置してください。凝固完了を確認後,遠心分離しそのまま凍結してご提出ください。他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。D023(04)HBV核酸定量微生物学的検査判断料150点凝固促進剤+血清分離剤入り (真空採血量5mL) 貯蔵方法:室温 有効期間:製造から1年 Containing coagulation accelerator + serum-separating agent (5mL vacuum blood sa……

PCR検査とは? B型、C型肝炎ウイルスもPCR検査で検出 肝トピックス 肝疾患センター

新型コロナ感染症が猛威を振るい、ニュースの大半を占めていますが、 その中でよく“PCR検査”の話題が出てきます・・・・        「PCR(polymarase chain reaction)」とは!? 日本語で「ポリメラーゼ連鎖反応」・・・といっても何か分かりにくいですが、 ごく少量のDNA(遺伝子)を大量に複製する(増やす)手法のことです。 ウイルスの存在を診断するときに、 ウイルスのごく微量のDNA(遺伝子)を増やしてから測定するのですが、 特殊な技術がいり、衛生研究所や設備のある大学、民間検査会社などで行っています。 新型コロナウイルスは咽頭や鼻咽頭からのぬぐい液、 B型肝炎、C型肝炎は血液を採取し検査します。 新型コロナウイルス感染症の診断は現在のところPCR検査のみであり、 感染蔓延阻止のために検査の推進が望まれます。 <少し詳しく> B型肝炎ウイルスは、DNAウイルス……

大阪大学医学系研究科ウイルス学

特にHBVの感染受容体の分離・同定とそれによる培養細胞レベル、個体レベルでの感染系の樹立を目指します。HBV感染受容体については、2012年にNTCP(sodium taurocholate cotransporting polypeptide)が候補因子として、報告されましたが、十分な感染性は得られていません。協調して作用する因子が存在するものと想定し、その分子の分離・同定に挑んでいます。NTCPがHBV感染受容体として報告されたことから、NTCPの大量発現・精製によるHBVとの相互作用の解明、特異抗体の作製、さらに立体構造の解明から抗HBV剤の開発・開拓を目指しています。HBVは発見から半世紀以上も経っていますが、この小さなウイルス(全長3.2kbのゲノム)は謎だらけです。感染受容体もその一つですが、逆転写過程を含めたHBV複製の根幹を担うHBVポリメラーゼ(HBVpol)の諸性質には……

平均ユーザー評価

4.3 / 5

カテゴリ