b型肝炎 cccdna

b型肝炎 cccdna、B型肝炎ウイルス複製の鋳型となるDNAの形成に関わる酵素を発見

金沢大学 日本医療研究開発機構金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師、国立感染症研究所の脇田隆字所長、村松正道部長(2017年9月30日まで金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学教授)、渡士幸一主任研究官、長崎大学大学院頭頸部放射線学分野の中村卓教授らの共同研究グループは、ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須。

掛谷秀昭 薬学研究科 教授、古谷裕 理化学研究所 上級研究員、小嶋聡一 同ユニットリーダーらの研究グループは、経口投与が可能でインターフェロン様活性を持つ低分子化合物CDM-3008(RO4948191)が、B型肝炎ウイルス(HBV)のcccDNA(完全閉塞本鎖)抑制効果などにより抗B型肝炎ウイルス活性を示すことを明らかにしました。 インターフェロン製剤は、H。

登録日:2018年6月22日 金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師は,国立感染症研究所,長崎大学の研究グループと共同で,ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須であるウイルスDNA(cccDNA(※3))の形成に関わることを世界で初めて明らかにしました。 B型肝炎ウイルスの持続感染者(※4)は日本国内で110。

 HBVキャリアの経過は、ALT値、HBe抗原、HBV DNA量、予測される免疫状態などからこれを病期に分けることができます。  免疫寛容期ではHBVの増殖は盛んですが、ウイルスに対する免疫応答がないため肝炎は起こりません。この状態の患者さんは無症候性キャリアと呼ばれます。免疫排除期になると肝炎を発症します。最初はHBe抗原陽性ですが、これが陰性化しHBe抗体へセロコンバージョンすると、多くの患者。

海外出張・赴任時や、海外渡航時にB型肝炎接種が推奨されいます。最近では、お子様にB型肝炎ワクチン接種を希望されるケースも増えてきました。逆に、B型肝炎を”性感染症”・”薬剤利用者感染症”と考えて、軽視している人たちもおられます。世界では、B型肝炎ワクチンは、ユニバーサルワクチネーション(全員接種)と位置付けられています。B型肝炎の感染経路と、そのお行儀の悪い実態を考えてまいります。B型肝炎は、同名。

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 消化器・代謝内科学の茶山一彰教授、柘植雅貴助教を中心とした研究チームが、ペグ化インターフェロン(PEG-IFNβ)によるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果を、B型肝炎ウイルス持続産生細胞株およびB型肝炎ウイルス持続感染ヒト肝細胞キメラマウスを用いて解析し、良好な抗ウイルス効果、特に肝細胞内のcccDNA(肝細胞内でB型肝炎ウイルス増殖のもととなるウイルス遺伝。

がんや感染症の治療にフォーカスした革新的な研究開発世界保健機関(WHO)の推計ではB型肝炎ウイルス(HBV)感染者は世界中で2億人、持続感染者は3億5千万人であり、年間約50万人がHBV感染による疾患で死亡していると考えられています。HBVは外被(エンベロープ)とコアに包まれた、逆転写によって複製するDNAウイルスです。DNAの配列比較に基づいて、HBVは8つの遺伝子型(A-H)に分類され、各遺伝。

Hepatitis B virus (HBV) infection represents a significant public health burden worldwide. Although current therapeutics manage to control the disease progression, lifelong treatment and。

Despite the existence of a preventive vaccine, chronic infection with Hepatitis B virus (HBV) affects more than 250 million people and represents a major global cause of hepatocellular carcinoma (HCC)。

B型肝炎ウイルス複製の鋳型となるDNAの形成に関わる酵素を発見

金沢大学 日本医療研究開発機構金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師、国立感染症研究所の脇田隆字所長、村松正道部長(2017年9月30日まで金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学教授)、渡士幸一主任研究官、長崎大学大学院頭頸部放射線学分野の中村卓教授らの共同研究グループは、ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須であるウイルスDNA(cccDNA(※3))の形成に関わることを世界で初めて明らかにしました。B型肝炎ウイルスのcccDNAは持続感染者(※4)からの排除が困難とされているだけでなく、その形成・維持の仕組みはほとんど分かっていませんでした。ヒトの肝細胞でcccDNA形成に関与している酵素を発見した本研究は、将来の抗ウイルス薬開発につながる新たな知見として期待されます。本研究成果は、2018年6月2……

B型肝炎ウイルス抑制物質の作用機序解明 -新規抗B型肝炎治療薬の開発へ期待-

掛谷秀昭 薬学研究科 教授、古谷裕 理化学研究所 上級研究員、小嶋聡一 同ユニットリーダーらの研究グループは、経口投与が可能でインターフェロン様活性を持つ低分子化合物CDM-3008(RO4948191)が、B型肝炎ウイルス(HBV)のcccDNA(完全閉塞本鎖)抑制効果などにより抗B型肝炎ウイルス活性を示すことを明らかにしました。 インターフェロン製剤は、HBVの鋳型となるcccDNAを分解できるため、B型肝炎の完治に向けて欠かせない注射剤です。しかし、発熱・倦怠などの副作用を伴うなどの問題があります。 本研究では、CDM(cccDNA modulator)-3008の抗HBV活性を解析しました。まず初代培養ヒト肝細胞を用いて、CDM-3008が抗HBV活性を有すること、HBVの複製を阻害する核酸アナログ製剤と相加的に抗HBV効果を示すことを明……

B型肝炎ウイルス複製の鋳型となるDNAの形成に関わる酵素を発見

登録日:2018年6月22日 金沢大学医薬保健研究域医学系分子遺伝学の喜多村晃一講師は,国立感染症研究所,長崎大学の研究グループと共同で,ヒトの細胞が持つ酵素FEN1(フラップエンドヌクレアーゼ1)(※1)がB型肝炎ウイルス(※2)の複製に必須であるウイルスDNA(cccDNA(※3))の形成に関わることを世界で初めて明らかにしました。 B型肝炎ウイルスの持続感染者(※4)は日本国内で110〜140万人と推定されています。また,B型肝炎ウイルスの持続感染は,肝硬変,肝がんへと進行していくことが懸念されます。しかし,B型肝炎ウイルスのcccDNAは持続感染者からの排除が困難とされているだけでなく,その形成・維持の仕組みはほとんど分かっていませんでした。 ヒトの肝細胞でcccDNA形成に関与している酵素を発見した本研究は,将来の抗ウイルス薬開発につながる新たな知見として期待されます。……

B型肝炎について「2.B型肝炎の症状」 患者さんへ

 HBVキャリアの経過は、ALT値、HBe抗原、HBV DNA量、予測される免疫状態などからこれを病期に分けることができます。  免疫寛容期ではHBVの増殖は盛んですが、ウイルスに対する免疫応答がないため肝炎は起こりません。この状態の患者さんは無症候性キャリアと呼ばれます。免疫排除期になると肝炎を発症します。最初はHBe抗原陽性ですが、これが陰性化しHBe抗体へセロコンバージョンすると、多くの患者さんではウイルス量が低下し肝炎がなくなります。しかし一部の患者さんではHBe抗原陽性のまま肝炎が続き慢性肝炎となります。一方、HBe抗原が陰性化してもウイルス量は低下せず慢性肝炎となる患者さんがあります。このHBe抗原陰性の慢性肝炎は間欠的に激しい肝炎を起こし、肝硬変や肝細胞癌へ進行しやすいことが知られているので、HBe抗原陽性の慢性肝炎とは区別されています。免疫監視期では宿主の免疫が優位になりH……

B型肝炎から家族を守る

海外出張・赴任時や、海外渡航時にB型肝炎接種が推奨されいます。最近では、お子様にB型肝炎ワクチン接種を希望されるケースも増えてきました。逆に、B型肝炎を”性感染症”・”薬剤利用者感染症”と考えて、軽視している人たちもおられます。世界では、B型肝炎ワクチンは、ユニバーサルワクチネーション(全員接種)と位置付けられています。B型肝炎の感染経路と、そのお行儀の悪い実態を考えてまいります。B型肝炎は、同名のウイルス感染症です。病原体:B型肝炎ウイルス(HBV) タイプ: DNAウイルス 遺伝子型:G-type A~Hの8型に分類 直径42nm球形粒子(0.000042mm)B型肝炎は、キャリア(保菌者)とよばれる感染者の体液から感染します。キャリアの”汗・涙・唾液・血液・粘液・精液”などの体液には、B型肝炎ウイルス(以後HBV)が含まれています。この体液に接触……

【研究成果】抗B型肝炎ウイルス効果が期待できるインターフェロン(ペグ化インターフェロンβ)を発見

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 消化器・代謝内科学の茶山一彰教授、柘植雅貴助教を中心とした研究チームが、ペグ化インターフェロン(PEG-IFNβ)によるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果を、B型肝炎ウイルス持続産生細胞株およびB型肝炎ウイルス持続感染ヒト肝細胞キメラマウスを用いて解析し、良好な抗ウイルス効果、特に肝細胞内のcccDNA(肝細胞内でB型肝炎ウイルス増殖のもととなるウイルス遺伝子)(※3)低下作用が認められることを明らかにしました。さらに、この抗ウイルス効果が、既存のインターフェロン製剤PEG-IFNα2aよりも強力であり、また、B型肝炎治療薬の一つである核酸アナログ製剤(エンテカビルやテノホビル)を併用することで抗ウイルス効果が増強することを明らかにしました。本研究成果は、American Society for Microbiology(ASM)社のプレスリリースに……

感染症領域 HBe抗原陽性慢性B型肝炎ウイルス感染患者に対するP1101の第3相試験 (A17 301)

がんや感染症の治療にフォーカスした革新的な研究開発世界保健機関(WHO)の推計ではB型肝炎ウイルス(HBV)感染者は世界中で2億人、持続感染者は3億5千万人であり、年間約50万人がHBV感染による疾患で死亡していると考えられています。HBVは外被(エンベロープ)とコアに包まれた、逆転写によって複製するDNAウイルスです。DNAの配列比較に基づいて、HBVは8つの遺伝子型(A-H)に分類され、各遺伝子型には明確な地理的分布があります。遺伝子型Aは欧州、米国、アフリカ、フィリピンを含む東南アジアでよくみられます。遺伝子型BおよびCは日本、台湾、中国を含むアジアに優勢であり、遺伝子型Dは地中海地域、中東、インドに多く、遺伝子型Eは西アフリカで認められ、遺伝子型F(又はH)は中南米、遺伝子型Gはフランス、ドイツ等にみられます。HBVは主として、感染者の体液を介して、または母子間の垂直感染により感染……

Epigenetic regulation of hepatitis B virus covalently closed circular DNA: Implications for epigenet

Hepatitis B virus (HBV) infection represents a significant public health burden worldwide. Although current therapeutics manage to control the disease progression, lifelong treatment and surveillance are required because drug resistance develops during treatment and reactivations frequently occur following medication cessation. Thus, the occurrence of hepatocellular carcinoma is decr……

Hepatitis B virus Core protein nuclear interactome identifies SRSF10 as a host RNA binding protein r

Despite the existence of a preventive vaccine, chronic infection with Hepatitis B virus (HBV) affects more than 250 million people and represents a major global cause of hepatocellular carcinoma (HCC) worldwide. Current clinical treatments, in most of cases, do not eliminate viral genome that persists as a DNA episome in the nucleus of hepatocytes and constitutes a stable template for the continuo……

平均ユーザー評価

4.6 / 5

カテゴリ