B型肝炎ワクチンの接種について 社会福祉法人 さっぽろ慈啓会

2021-02-23 11:16:24

組換えDNA技術を応用して産生されたB型肝炎ワクチンです。 基礎免疫をつけるには一定の間隔で3回の接種が必要です。副反応は、注射部位の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)、疼痛、熱感、そう痒感などがあります。 その他、発熱、発しん、嘔吐、嘔気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、違和感、関節痛、筋肉痛などがあらわれることがあります。

また、まれにショック・アナフィラキシー様症状、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎の発生も報告されています。このような症状が認められたり、疑われた場合は、すぐに医師に申し出て下さい。 なお、健康被害(入院が必要な程度の疾病や障害など)が生じた場合については、健康被害を受けた人又は家族が独立行政法人 医薬品医療機器総合機構法に基づいて救済手続きを行うことになります。

幼児にウイルス性の発疹―ジアノッティ症候群ワクチン接種きっかけに発症も 医療ニュース トピックス 時事メディカル

 ジアノッティ症候群は、ウイルス感染で発疹が出る病気だ。B型肝炎ウイルスを原因とするジアノッティ病という病気が先に報告されたが、その後、他のウイルスでも同じような症状が起こることが分かり、現在ではそれらをまとめてジアノッティ症候群と呼んでいる。横田小児科医院(神奈川県小田原市)の横田俊一郎院長は「ジアノッティ症候群は自然に治る病気なので、あまり心配は要りません」と語る。

ブツブツとした米粒大の赤い発疹が特徴的

 ジアノッティ症候群は5歳くらいまでの幼児に多く、ブツブツとした米粒大の赤い発疹が、手足の末端や関節の外側、臀部(でんぶ)、頬などに左右対称に表れるのが特徴……

[医師監修・作成]蕁麻疹の症状に関して気をつけるべきこと

蕁麻疹(じんましん)の症状が出たときは、皮膚以外に異常がない場合がほとんどですが、原因になった病気が隠れているかもしれません。ここでは、蕁麻疹やそれに似た症状を起こす病気の例と、見分けるために気を付けたいことを解説します。

以下に、蕁麻疹を引き起こしやすい病気に関して簡単に説明していきます。

もし感染するとしたら、どのようなことが理由になるのでしょうか。主に3つの理由が考えられていますので、具体例を示します。

性行為:生殖器の粘膜を介して感染する

血液を介した感染:刺青、輸血、薬物の回し打ち、ピアスの穴あけ、カミソリの共有など

……

B型肝炎ワクチンの接種について 社会福祉法人 さっぽろ慈啓会

組換えDNA技術を応用して産生されたB型肝炎ワクチンです。 基礎免疫をつけるには一定の間隔で3回の接種が必要です。副反応は、注射部位の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)、疼痛、熱感、そう痒感などがあります。 その他、発熱、発しん、嘔吐、嘔気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、違和感、関節痛、筋肉痛などがあらわれることがあります。

また、まれにショック・アナフィラキシー様症状、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎の発生も報告されています。このような症状が認められたり、疑われた場合は、すぐに医師に申し出て下さい。 なお、健康被害(入院が必要な程度の疾病や障害など)が生じた場合……

肝臓病について~肝炎・肝硬変・肝がんなどの症状やセルフチェック法を解説~ │

投稿者:肝臓内科医員 久保田 翼、肝臓内科医長 今村 潤、肝臓内科部長 木村 公則

肝臓は沈黙の臓器と言われてきました。その理由は、肝臓の病気はある程度進行しないと症状が出現しないことが多いからです。このため、肝臓の病気が見つかったときにはすでに病状がかなり悪化していて、もとの状態に戻るのが難しいことが少なくありません。

肝臓の病気は症状がみられにくいために放置されてしまうことがしばしばあります。たとえば頭痛やお腹の痛みなどの場合には、その症状の辛さ、大変さから、医療機関を受診することになるケースは多いものです。しかし、肝臓病ではこのような症状がみられにくいために……

赤ちゃん&子育てインフォ インターネット相談室

3歳の子です。半年ほど前に手足の甲を中心に小さい発疹が出て、2週間ほどで消失しました。その際、皮膚科の医師にジアノッティ症候群ではないかと言われたのですが、最近、保育園でB型肝炎が集団感染することもあると知り、関連があるのではと心配になりました。発疹が出たときはとくに病院で血液検査などを受けませんでしたが、ジアノッティ病に伴う発疹だったらと心配になりました。いまからでも血液検査をして確認すべきでしょうか?また、保育園での集団発生などの可能性があるならB型肝炎のワクチンをしたほうがよいでしょうか。

 まず、ジアノッティ病とジアノッティ症候群について説明しましょう。

平均ユーザー評価

4.9 / 5

カテゴリ